" /> 尿酸値の下げ方おすすめ⑨選。尿酸値が下がった、体重が減った | ねたとりどり

尿酸値の下げ方おすすめ⑨選。尿酸値が下がった、体重が減った

痛風
お金をかけずに簡単にできる尿酸値を下げる為の、おすすめな方法をまとめます。
痛風発作が起きたら、ご存知もれなく激痛ですよね。仕事とかしてられない。私は1回発作が起きると、1週間はまともに眠れなかった。
それに、仕事休んだら気まずいし、有給か給料が減る、嫌だ!
痛風腎なんてもっと嫌だ!!
結局は予防するのが一番安上がりで、痛みも伴わない。
けど、安上がりとは言え多少のお金はかかる、だから極力出費は抑えたい。そこで、
『普段から無理せずできること』
『サプリや薬みたいに特別なお金をかけないこと』
を集めて実践しました。
尿をアルカリ性に傾けて、ガンガン出しましょう。
と言うのも、尿酸のほとんどはオシッコと一緒じゃ無いと出ていってくれません。
ですので、たくさんの水を飲み、たくさんの尿を出すのですが、どうせなら効率良く尿酸には出ていって貰いたい。
尿酸は’酸’と有る通り、血液や尿が『酸性』だと飽和状態となり、溶けにくく出にくい状態となってしまう。
アルカリ性だとその逆です。尿がアルカリ性だと、酸性の尿酸がたくさんオシッコに乗っかって出て行きます。
なので、血液や尿をアルカリ性に傾けるモノを積極的に取りたい。

尿酸の出し方

どうしたら効率良く尿酸に出て行って貰え、尿酸値は下がのるか。
食べたら体がアルカリ性寄りになる食べ物を食べたり、尿酸を出す作用があるモノを取るのが一番簡単です。
⑨個用意しました。
食べない方が良いモノや、やんない方が良い事は今回はハショリます。毒以外なら何食べたって良いですよ。ただし、食べ過ぎなければ。
それに、食べ物にだって一長一短有りますから。
あれもダメこれもダメ、だとストレスが溜まりませんか?ストレスも尿酸値を上げますよ。
①『水を飲む』

尿酸値が高い人は痛風防止にたくさんの水を飲めってのは有名な話。
1日で2リットルの尿を出せるだけの水を飲めたら理想ですが、2リットルの尿を出すのに何リットル水を飲めば良いの?
ちょっと心が折れそうなので、なるべくたくさん飲む事、2リットルのペットボトルが空になるのを目標とします。
……どうやって飲むかですよ。
普段からしょっちゅうグビグビ飲んでますか?
仕事してたりスマホいじってたりして集中してたら、あっという間に「あっ!2時間何にも飲んでない!」とかなりませんか?
そこで、ルールを決めましょう。
『スマホで1検索したら1口』
『パソコンで10回enter押したら一口』
『トイレ行ったら1口』
『20分のアラームで1口』
等々、自分がこまめに水分補給(無糖)できるタイミングを作って、とにかく水を飲む事を忘れないようにしましょう。

②『豆を食べる』

豆、特に大豆は積極的に食べたい。体をアルカリ性に傾けてくれます。他にも色々良い作用が沢山有りますし。
大豆はたぶん、神様からの贈り物です。
納豆、枝豆、蒸し大豆……おやつ、おかずとしても優秀です。
蒸した大豆はスーパー等で、安い時は100グラムで100円ぐらいで買えます。
蒸した大豆の開けたては、そのまま食べても本当においしい。小腹が空いた時にもピッタリで、1袋食べると満足感も大きい。
③『海藻を食べる』
海藻も尿をアルカリ性にしてくれます。
食事をコンビニとかで済ます場合、ワカメやモズクやヒジキを一品加えましょう。100円ぐらいです。
ワカメスープも良いですねぇ。
④『野菜を食べる』
健康的な食事の基本ですね。
ほとんどの野菜は体をアルカリ性に傾けてくれますから「どの野菜がアレで、この野菜もアレだな」とか、色々気にせず気軽に食べましょう。オヤツやオツマミに野菜スティックを。
⑤『キノコを食べる』
キノコもアルカリ。味噌汁は『なめこ』だな。

キノコが苦手ではないなら、鍋もキノコたっぷりでウマイ!

⑥『芋を食う』
芋だけではなく、根菜は良いですねぇ。尿、アルカリです。
⑦『果実を召し上がる』
果物もアルカリ食品です。が、食べ過ぎると『糖分』が心配。
私は普段、あまり果物は食べないのですが、バナナは食べやすいですね。いつでも手に入りますし、コンビニでも売ってます。
デザートは果実だな。
⑧『コーヒーを飲む』
もちろんブラックで。利尿作用が有りオシッコが出やすくなりますし、ポリフェノールが良い感じ。

⑨『牛乳を飲む』
一番おすすめ!牛乳を飲むだけではなく、乳製品を積極的に取りたい。
牛乳に含まれる『ガゼイン』と言うタンパク質が尿酸の排泄を促してくれます。
ガゼインは熱に強く、シチューなどでも大丈夫です。
無糖ならヨーグルトも良いですねぇ。
『痛風に牛乳は嘘かホントか!?本当だったら非常に助かります』
間食に、豆とチーズなんて最高ですね!

尿酸は、出す!

良ーく言われるのは、
「プリン体の多い食事や飲み物を控える」
ですよね。
……できてます?
私みたいな、ファーストフード大好き!B級グルメ大好き!コンビニ大好き!が、
「おいしいなぁ」と思うものを調べたら、軒並みアウトですよ。
そりゃ、あんまり誉められた食事内容は取ってないので、痛風だけではなく『成人病』に気を付けなきゃいけないのですが、今回は尿酸にスポットを当てます。
食べたプリン体を材料にして体の中で作られる尿酸は全体の2割程度。後の8割は、
『生きてりゃ勝手にできるもの』
なのです。かなりザックリした話ですけど。
だから、尿酸は入れない事よりも『出す』方に意識を向けた方が無理がない。

とは言え、食べるモノには気を付けたい

気を付けたいと言うか、気を付けられるところの大半が食べ物です。
それでも、アレは食うな、コレも食うなでは、食生活やってられない。
特に食べるのが大いなる楽しみの1つである私なんかは。
なので、問題にしたいのは『その食品の性質』
その、アナタやワタシが食べたモノが、尿や血液を、
『アルカリ性にしてくれるのか』
それとも、
『酸性にしてしまうのか』
<尿酸の出し方>でお話した通り、酸性なら尿酸は出にくくなってしまいます。
逆にアルカリ性なら、バンバン溶けて、ガンガン出ていく!ってなれば良いけど、そう甘くも有りません。
健康全体に言える事ですが、体に良い事ってコツコツ続けてようやく効果が見えてきます。

とは言え、入れないに越した事はない

出す事がメインとは言え、食べたモノでの尿酸は2割程度とは言え、その2割もできれば入れないに越した事はない。
しかしメニューのプリン体の量を意識し過ぎたら、食生活つまんない。
そこで、
『何食べても良いから腹6分目ルール』
を設けたいと思います。
キツいですねぇ。けど痩せますよー、やっぱり痩せると男女問わず皆さんカッコ良くなる。
動きたくなる体になって、何だか楽しくなる。
出された食事は残さず食べるのも大切ですが、ここは勇気を持って残しましょう。

と言うか、最初からいつもの6割で食事の用意をしましょう。あっ、お金も節約できそうですね。

ストレスを溜めない

無理じゃないですか?あっちこっちで「ストレス溜めるな」って言ってますけど、皆さん大なり小なり色んなストレス抱えて日々頑張ってる。
なので、できるだけでも、許される範囲だけでも、自分を甘やかしましょう。
寸暇を惜しんで勉強や仕事をするのも、時には必要でしょう。
けど今日ぐらい、ゲームしながら帰ったって良いじゃない。漫画読んでも良いじゃない。頑張んなくても良いじゃない。
たまには、良いじゃない。

サプリや薬

尿酸値を下げるサプリメントは続けなきゃ意味がない。そして、結構なお値段する。
薬も飲み続けなきゃいけない。お薬を貰うためには通院しなければいけない。私は通院めんどくさい。

まとめ

いつもの生活に、ちょいとプラスする事ばかり集めました。
水分補給は『習慣付け』と『ルールの厳守』
腹6分目(7でも良いですよ)
尿酸値を下げる行動は、基本的な健康と見た目の美しさを得る事ができる。
ちょいプラスは、気持ちもお金も負担が少ない。
やった!体重減ったわ。

タイトルとURLをコピーしました