" /> ブログ記事1000文字の書き方と読まれる記事にする方法。 | ねたとりどり

ブログ記事1000文字の書き方と読まれる記事にする方法。

ブログ
ブログの文字数は1000文字以上書いた方がいい』『2000文字は欲しい』
等々、文字数については色々な意見が飛び交いますが、意味のない言葉の羅列じゃなければ、文字数は多ければ多いほど良いと思われます。
内容にもよりますが、読み物として面白かったり、知りたいことが知れるなど、ちゃんと意味があり、文章として不自然でなければ、文字数は多い方が読むのに時間がかかり、読者さんがブログに滞在する時間が長くなり、評価につながると考えられます。
しかし、まだ記事を書いたことがなかったり、まだ数記事しか書いていなかったりして、500文字から600文字で精一杯だと言う人に、1000文字なんか余裕だよってやり方を提案してみたいと思います。
ちなみにここまでで、310文字。後700文字ですな。ね?楽勝っぽくないですか?

更にちなみに、このブログは全て、サーバーの契約からドメインの取得、ブログ制作の全てを『スマホのみ』でおこなって、収益を上げています!

これがその方法です。無料では有りませんが、スゴいですよ。スマホのみで稼げたら、もう怖いものは有りません。

↓ ↓ ↓

スマホぴっく

びっくりするほど高くも有りませんよ。ちょっと確認だけしてみても得する情報満載です!!
今回の冒頭の文章は300文字(プラスちょっと宣伝)
後の700文字以上の内訳は例えば、まとめの部分を100文字書いたとしたら、後の600文字以上は『写真6×100文字』で埋めます。
この場合だと後は画像を6枚用意して、その画像の説明が100文字ですね。200文字書ける画像が有ればもっと楽になりますし、50文字しか書けなければ、他で補うか、画像を増やすか。
12枚用意できれば、説明は50文字で済む、もしくは1600文字記事ができる!ってことになります。
画像もたくさん用意することになりますので、読まれやすい記事になります。
この見出しの文字数は249文字。後450文字。

画像を手に入れる方法

実際に写真を撮りに行くのが圧倒的に確実です。
写真を撮った順に文章書いて行くだけですもん。記憶も新鮮に残っているだろうし、比較的書きやすいはず。
著作権やプライバシーなどを侵害していなければ、自分の写真なので使い方も自由ですし。
無料画像のサイトで色々な画像を見つけて、説明100文字書いて、不自然にならないようにつなげたら、結構簡単に1000文字ぐらいいきます。冒頭文とまとめでさらに文字数を稼げますね。
ここは200文字。後250文字ぐらい、さぁ何を何て書きましょうか。

実際のブログ

私のブログの紹介で恐縮なのですが、今回ご紹介しているやり方でこの【ねたとりどり】というブログは、ほぼ構成されています。
もし良かったら他の記事も読んでみてください。参考になれば嬉しいです。
どっか遊びに行ったらパシャパシャ写メ撮ってます。
『この【ねたとりどり】はサーバーの申し込み、ドメインの申し込みも含めて100%スマホのみで作っています。画像もスマホのカメラか無料素材をスマホ使って使わせて貰ってます。そして、収益が上がっています、分かりやすくまとまった教材がこれです→【スマホぴっく】ちょっと確認するだけでもお得にな情報が貰えますよ』
写真の分類分けて、説明書いて、順番につなげて1記事出来上がりです。
画像がない記事もいくつかありますが、自分の経験や学んだ事を、読み物として書いてみたものです。
ここは280文字(プラスちょっと宣伝)

冒頭文、見出し1・2・3、まとめ、でもOK

はい、この記事は1000文字クリアしました。
このように、書きたい事がすでにある場合は、
『冒頭文』『見出し1、2、3』『まとめ』
を200文字づつでも1000文字は書けます。

『ブログ記事タイトルの付け方と文字数を多く書く方法』

⇒⇒⇒https://netatoridori.com/blog-article-title

私は、記事を書くペースがすごく遅かったんです、今でもそんなに焦って書いてはいませんが、実際に写真撮りに行って、現地で遊んで、それを隙間時間を使って記事にしてます。

スマホぴっくなら記事を書くのも早くなりましたよ、ホント。

電車やバスの移動中はもちろん、トイレに居ても、寝る前の数分でも、隙間時間の全てがブログで稼げる時間となりますよ!

タイトルとURLをコピーしました