" /> サラリーマンのマンション経営の失敗例と成功例!購入前で決まる明暗! | ねたとりどり

サラリーマンのマンション経営の失敗例と成功例!購入前で決まる明暗!

サラリーマンのマンション経営失敗成功はも購入前で決まるのか?

答えは、

購入前で決まります

そして金融機関にお金を預けても、ほとんど金利がつかず老後資金を貯める”めど”もたっておらず限界を感じる方も多くなっており、老後生活に対する不安もどんどん高まる今、早期に資産形成をしたいと考えるサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。

そこで会社員などをしながら資産形成が可能な『サラリーマンのマンション経営』を検討している方が増えています。

なぜ違いは購入前に出るのでしょうか、そしてなぜマンション経営が注目されているのでしょうか。

この記事ではサラリーマンのマンション経営失敗例成功例を元に、なぜ購入前に失敗成功も決まるのかを解説していきたいと思います。

これからマンション経営を検討しているサラリーマンのかたはぜひ参考にしてください。

不動産投資について興味がある方は、こちらのサイトを覗いてみてもいいかもしれません。
↓ ↓ ↓

サラリーマンのマンション経営の失敗例

事前にあまり調べずに、すぐ購入し損をしてしまうといったマンション経営の失敗をしてしまう方もよく見かけます。

そこで失敗例を3つ紹介していきます。

1:目先の利益だけにとらわれての失敗

不動産会社などがどうしても売って手放したい物件を所持している場合などがあります。

この場合オーナ側に満室の状態の物件として紹介します。

そこで満室だからといってすぐに購入してしまい、家賃収入と支払い総額がほとんど変わらずに、ほとんど利益がでないという状況になってしまったという例です。

このような場合メンテナンスがしっかり行われていないことも多くあります。

そしていきなり家賃をあげるわけにもいかず、どんどん困難な経営を強いられるという事態になってしまいます。

『なぜ満室なのかの理由に納得できるか』『物件の管理状況に不審な点はないか』『周辺の家賃相場と比較して妥当か』など、状況に応じて自身で気をつけて判断することが大事になってきますが、百戦錬磨の不動産屋に対してなかなか難しいところです。

2:もったいないを理由にして自主管理を行っての失敗

サラリーマンのマンション経営で失敗してしまう例として、多いところで、
『管理費がもったいない』
という理由で、自分で管理しようとして業者や管理会社に頼まず、管理ができずに入居者がどんどん退去していってしまったり、家賃の滞納に対応できないと言った事態があります。

不労収入として毎月収入が入ると思い込んでいる方もいるかもしれないですが、管理業務をしっかり行う必要があります。

本業はサラリーマンなので業者に頼まず管理しようとすると、生活リズムが狂い、本業に支障がでてしまいます。

あくまでも副業なのでストレスをためたり、何らかの影響があり本業を疎かにしてしまうことはないようにしましょう。

ですのでここはケチらずに、業者や管理会社に頼んでみることをおすすめします。

3:節税効果のために利益が出ない物件を買ってしまう失敗

節税効果を売り文句にされ物件を購入してしまうという例です。

最初の1、2年は確かに節税効果はあるといえます。

なぜ節税効果があるかというと、サラリーマンの収入と不動産投資の収入は合算して確定申告をします。
その際に不動産投資で帳簿上の赤字が出た場合に、サラリーマンの収入から差し引くことができ、所得税率が下がり、税額が低くなるからです。

しかし、1、2年目は購入時の諸々の費用を支払うことがあるので赤字がでますが、3、4年目以降からは普通に運営していれば、帳簿上の赤字が出ることはほぼなく節税効果が期待できないからです。

これらの他にも失敗につながることがあるので、しっかり事前に自身の判断基準を決めて、状況に応じて判断することが大事です。

しかしそんな判断も難しい。
そこで自身の判断に自身がないと感じてしまう方は、不動産投資のプロに相談してみるこ
と、それも複数社にプランをもらう事をおすすめします。

サラリーマンのマンション経営の成功例

ここからはサラリーマンのマンション経営の成功例を2つみていきましょう。

1:東京でのワンルームマンション

ワンルームマンション投資と言われるもので、マンションの一室を購入し賃貸物件として入居者に貸し出すことで家賃収入を得る不動産投資です。

人がたくさん集まっている東京でワンルームマンション投資を行い成功した例です。

東京などの人が密集している地域では賃貸の需要が高く初心者でも失敗しにくいです。
そして低予算でできることも大きいです。

ワンルームマンション投資のポイントとしては立地についてのリサーチを怠らないことが大切です。
しかし、これもなかなか普段の仕事や生活の中でおこなうのは難しいです。

2:ほとんど自己資金なしでの不動産投資

通常投資は自己資金が入りますが、ローンを組んで行うことができるのがマンション経営です。

会社員は信頼があるので融資を受けやすく、ほとんど自己資金を使わずに大きい物件の経営に成功したという例です。

長期的に返済可能で利益が見込める物件を選ぶことが大事です。
ここも複数のプロのアドバイスが欲しいところではあります。

サラリーマンのマンション経営は失敗も成功も購入前で決まる!

失敗例をみてもらえばわかるように、事前のリサーチが不十分だと相手の言葉だけを信用してしまい、マンション経営失敗に繋がってしまいます。

そして不安な場合はプロに説明してもらうのが絶対条件です。

不動産投資会社の営業マンが明かすマンション経営で失敗しない秘訣を話してくれるサイトもあります。
参考にしてみるのもいいかもしれません。
↓ ↓ ↓

購入前にすべきこと

  • 周辺のマンションについて
  • その場所の立地
  • 判断の基準を決めること
  • プロに相談してみること

サラリーマンのマンション経営をしようと検討している方は、これらを意識して取り組んでみてください。

まずは勉強です、こちらのサイトがマンガでわかりやすく説明しています。
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました