" /> 単独事故での車の修理に保険を使うか使わないか。事実に基づくおすすめ対処法 | ねたとりどり

単独事故での車の修理に保険を使うか使わないか。事実に基づくおすすめ対処法

便利
私は『2年前の2月8日、7年間の車のリース契約と同時に保険も契約』で『3年目に入った3月10日』にハンドルを切り損ねて縁石に乗り上げ、その際、左の前輪がパンク、ホイールも壊れた。
「修理代が5、6万円なら、修理代は自腹が良いでしょうね」
と、自動車修理屋さんと保険の代理店さんに教えて貰った。
修理代が何十万円もの高額だったり、相手がいる場合。問答無用で保険を使いましょう。保険屋さんにすべてを任せます。
ただただ自分の車が壊れるだけの単独事故で修理代が5、6万円の場合は、
『等級』と『契約した日(免責)』
が問題になってきます。
私の実際の例で言うと、
『単独事故で、車の修理代は5万円、契約したのは2年前の2月、事故ったのが3月、6等級』
なら、修理代は自己負担が良いという結論になりました。今回の修理に保険は使わないという事です。まぁ、安くはない勉強代ってところでしょうか。
あくまでも『修理』です。レッカー代やレンタカー代、物損の弁償はまた別の話なので、保険屋さんに相談して使うようにしましょう。

等級による使うか使わないか

自動車保険には『等級』と言うものが有り、
1~3等級は保険料が『割り増し
4~20等級は保険料が『割り引き
となります。
割引率については保険会社で多少の違いは有るようですが、15等級から上は保険料が50%以上割り引きになります。
スタート地点は皆さん6等級。
ここから『無事故1年につき1等級』上がり、事故1回につき、次の契約の時に『3等級下がります
これからもずっと車に乗るなら等級が下がるのは、できるだけ避けたいところではある、保険料が上がりますからね。
あなたが今、払わなければいけない修理代が、等級が下がることにより、次回契約時から月々の保険料が上乗せになる分のトータルより高額ならば保険を使っても良いでしょう
ホントにザックリですが、例えば、
『修理代5万円』で、次回の契約から『月々2千円保険料が上がる』そして『7年の契約』としましょう。
2000円×12ヵ月×7年=168000円
はい、どうしても手持ちがないって時以外は自腹ですね。
私の場合、後5年無事故なら、等級はトータルで9等級となり、結局は保険料下がるのですが、このまま保険わ使わず12等級まで上げれれば、もっと安くなり、結局元が取れますし、もしも、いざ使うとなった場合の安心感が違ってきます。

免責による使うか使わないか

これが一番の悩みどころでした。
『契約した日』
車両保険には免責と言うものが有り(ややこしいです。保険会社が責任を免除されるイメージ)
契約内容にもよりますが、一回目は全額の修理代が出ることが多いのですが……二回目は保険会社に免責が出てくると言う契約が多いようです。
これ、どういう事かと言いますと、
もし、同じ年度にもう一回事故った場合、二回目以降は保険会社は払わなくて良い金額が有りますよー
って事。
同じ年度とは、わたしの場合は『2月8日契約』なので、毎年、2月8日~次の2月8日までは年度内となります。
その間にもう1回事故ったら、15万円なら5万円を保険会社が負担、10万円までは自腹です!これが免責です。
私が事故った日は上記したように3月10日です。保険を使って修理した場合、もし残りの11ヵ月の間に10万円を超えるような修理が必要な事故を起こしたら……出費は10万円となりますし、等級も下がります。後1ヵ月を切っていたら『乗らない』という選択をして保険を使って自己負担を減らしても良かったかも知れませんが、11ヵ月は長い。

実際の手続き

保険屋さんに電話して指示を仰ぎました、最近の保険会社はすぐにレッカーや修理工場の手配をしてくれます。
そして保険内容の確認もしましょう。レッカー特約やレンタカー特約が有るかどうかなど。
そこから車を使うはずだった目的から帰りまでの交通機関やタクシーなどの領収書は必ず取っておきます。まぁ、これも教えてくれます、が、一応こちらから確認を取りましょう。
そして!保険屋さんには「単独で特に壊れている物がご本人の車だけなら、警察を呼ぶかどうかはご本人の判断となります」と言われました。
んが!絶対に警察は呼んだ方が良い!
パパッと現場を見て「ここですね」と警察官に言われたところの縁石が少しかけていた。そこは自分が思っているより車から離れた場所だった。自分では判断が難しい。
事故証明の発行、事故の場所・日時・破損箇所を管轄する機関とその電話番号を警察官から確認してメモを取っておきます。
ここで、重要なのは『破損箇所を管轄する機関』これをきっちり確認して、保険屋さんに伝えましょう。そしたら、弁償が有った場合でも保険屋さんが破損箇所を管轄する機関と直接やり取りしてくれます。面倒もなく安心ですね。
自分では正しい判断ができない場合もあります。必ず保険屋さんと警察官に指示をあおぎましょう。
今回の場合、切符切られたり罰金が有るわけではなかったです。
と言うか切符切られても罰金が有っても、どこかに車をぶつけたら必ず警察に連絡です
そして、警察官は交通整理を『公権力』でおこなってくれます。これは心強い。

単独事故で保険を使うか使わないかのまとめ

数万円の車の修理代なら保険は『使わない』をおすすめします。『等級』と『免責』の問題。
その他のレッカーやレンタカー、交通費は保険を使います。
必ず警察と保険屋さんに連絡して指示を仰ぎましょう。
事故を起こすと、それがどんなに小さなものでもかなり面倒な事になります。その日の予定もパァになりかねません。
何より、ぶつけた所にもし人が居たら?取り返しがつきません。今回は怪我人が居なくて本当に良かった。
もう、絶対に安全運転を心がけて、事故は起こさないようにします。
タイトルとURLをコピーしました