" /> 正しい呼吸でダイエット【主治医が見つかる診療所】でも紹介された肺と呼吸筋を鍛えて免疫力と代謝も上げて美容効果も! | ねたとりどり

正しい呼吸でダイエット【主治医が見つかる診療所】でも紹介された肺と呼吸筋を鍛えて免疫力と代謝も上げて美容効果も!

ダイエット
正しい呼吸、できていますか?
良い呼吸、してますか?
呼吸を鍛えてダイエット
正しい呼吸には美容効果有り!免疫力代謝もUP!
呼吸筋の鍛え方、そして怖い肺のお話も紹介します。
生きていく上で必ず必要なので、重要もへったくれも無いと思いますか?
『正しい呼吸』できていますか?
正しい呼吸は身体にとって、とても嬉しい効果が多く期待できます。
人間は1日で約2万回呼吸しています。その2万回もおこなう呼吸が悪ければ当然、健康状態に悪い影響があります。
現代に生きる我々は、呼吸が浅くなりがちです。
浅い呼吸で、酸素の量が足りない状態になると、
『肩こり』『頭痛』『めまい』『うつ』
の原因にもなってしまいます。
正しい呼吸で、免疫力と代謝をUPさせ、病気になりにくくなります。
ですので、意識して『正しい呼吸』『良い呼吸』をする必要が有ります。

呼吸は心臓と並ぶ重要な事

『心肺』と言う言葉がある通り、呼吸と言うのは心臓と同じぐらい重要なことなのです。
血管が若い、血流が良い、なんて言っても、血液が運ぶ『酸素』の量が少なかったら、全身に十分な酸素が行き渡らなかったら、それはもう大問題です。
なぜならば、酸素は、
『心臓』『脳』『内臓』
だけではなく、
『皮膚』や『筋肉』
など、様々なところで必ず必要になってきます。
そして、浅い呼吸で酸素不足が続いてしまうと、
『免疫力』
が低下してしまいます。
免疫力を上げるためにも、正しい呼吸が重要になってきます。
なので『正しい呼吸』『良い呼吸』は重要なのです。

呼吸と美容

酸素量が低いのは、女性にとっては大問題です!(男性もですけど)
酸素が足りなくなってくると、皮膚の代謝が悪くなり、
『お肌のハリ』
が悪くなったり、
『色もくすんでくる』
絶対イヤですよね!?
肺の病気になった人は、顔色が悪くなるんです。
正しい呼吸で、痩せやすく、綺麗な肌になり、若々しさを保ちます
ですから、やはり美容においても『正しい呼吸』は重要となってくるのです!

呼吸でダイエット

無意識に2万回もおこなう呼吸。そのうちの数回をフィットネスに変えることができたら最高ですよね?どうせ呼吸はしなきゃいけないのですから。
息を吸ったり吐いたりするだけで痩せることができたら嬉しく無いですか?
ただただ吸ったり吐いたりしているだけではもったいない!
呼吸には、以外と様々な筋肉や器官を使います。
その代表が『横隔膜』です。
イメージとしては、この横隔膜が上下に動くことで圧力が変わり、肺は膨らんだり萎んだりして肺呼吸をしています。
呼吸筋が鍛えられている人は、少ない運動量でも痩せやすくなり、ダイエット効果が期待できます
良い呼吸は、ものすごくエネルギーを使います。良い呼吸をするだけで、新陳代謝が良くなる
正しい呼吸で、呼吸筋を鍛え、肺の病気から身体を守り、免疫力を高め、美しくなります。
ついでにお腹も凹めます。

呼吸ダイエットやり方

呼吸ダイエットの基本、それは、
『ドローイン』
やり方は簡単。
①背筋を伸ばして、鼻からゆっくり2秒で息を吸いながら、お腹を凹めます。
②更にお腹を凹めるイメージ(ヘソを背中の方にに引く感じ)で、6秒以上かけて息を吐く。
基本はこれだけです。
座っていてもできますし、歩きながらだと一石二鳥ですね。
正しい姿勢を取るだけでもお腹は凹んで来ますよ。
『正しい姿勢で二重顎。顎はマスクでお腹はドローイン』
慣れないうちは、腰や背中に痛みを感じることも有るかもしれません。
最初は、力の入れ具合を無理せず、呼吸の秒数も気にしないで、ご自分のペースでおこなって下さい。

呼吸を改善させる方法

【主治医が見つかる診療所】でも紹介されていた、方法が3つあります。
①『シャボン玉呼吸』
細く長く息を吐くことで、正しい呼吸法を身に付けて、呼吸筋を鍛えると言ったものです。
やり方は、
『鼻から息を吸って、シャボン玉をゆっくり、割れないように、大きく膨らませます』
以上です。簡単ですね。
ちなみに、ストローは細いものを使うと負荷が増します。ストローの先は切れ目を入れて花びらみたいに広げておきましょう。
②『呼吸筋ストレッチ』
日本呼吸器学会が進めています!このストレッチ法。
やり方は、
頭の後ろ、後頭部で指をからめて両手を組む。
このままの体勢で息をゆっくり吸います。
両手の指をからめたまま、手のひらを天井に向けて両手を上げながら、フーッと息を吐き腕を伸ばしきります。
この時、首を前に出して、腕を後ろに引き、息を吐ききる。
③『カラオケ』
とは言え、マイクは使いません。大きな声で歌います。
大きな声で歌っていると、自然と腹式呼吸になるのです。
なるべく息継ぎを減らします。
大きな声なら何でも良いですが、叫ぶ訳では有りません。
舞台俳優の台詞なんかも良いですね。
③つどれも共通しているのは、
1、吸うことよりも、吐くことを重要視する。
息、吐けば自然と吸います。
2、ゆっくり時間をかけて吐く。
口をすぼめて吐けば時間をかけて吐けます。
3、適度な負荷をかけて吐く。
これも、口をすぼめる事で解決です。

呼吸器に良い食べ物で免疫力を上げる

肺の粘膜を守る役割をしている物質があり、グルタミンと言うアミノ酸とビタミンAで成り立っています。
肉、魚、卵、豆、チーズなどからタンパク質をしっかり取る。
緑黄色野菜、うなぎやあん肝などから、ビタミンAをしっかり取る。
牛肉、アサリ、レバー、ヒジキ、などから、酸素を運ぶために重要な『鉄』をしっかり取る。
こう言った物を、バランス良くしっかり取ると、非常に免疫力が高まります。

怖い怖い肺の病気

肺の病気にも『肺炎』『結核』など、色々有りますが、
家の水回りなど、湿気の多いところに発生するトリコスポロンと言うカビが原因の、
『夏型過敏性肺炎』
や、
土や、掃除をサボったシャワーにまで潜む細菌が原因の、
『肺マック症』
などの、ヘタしたら命に関わる病気も怖い。
咳が2週間続いたら、もはや風邪ではなく、他の原因を疑いましょう!
必ず病院で検査を受けましょう!

こんな人は要注意!肺が弱っているかも

①デスクワークなどでのパソコン・スマホの多用で『前屈み』の姿勢を取る時間が長い。
②最近疲れやすい。そして、そな疲れが抜けにくい。
③階段がツラい。なので、すぐエレベーターやエスカレーターを使う。
④前より痩せにくくなった。
⑤喉が良く乾く。口臭が気になる。
⑥声が小さくなった。言ったことを良く聞き返される。
⑦喫煙者。
この⑦つの項目のうち、3つ以上当てはまる人は、肺か呼吸に問題が有るかもしれません。
すぐに問題を解決する方法、呼吸筋を鍛えるトレーニングをしましょう。

呼吸筋を鍛えておくと安心

肺自体には、膨らんだり萎んだりをおこなう筋肉は有りません。
肺は、横隔膜、外肋間筋、内肋間筋などの呼吸筋を使って動かしています。
ですので、例え肺の病気にかかったとしても、呼吸筋を鍛えておけば、軽症で済んだり、病後の回復も早くなります
お歳を召してきたら、色々なところが衰えますよね。横隔膜も例外では有りません。
『誤嚥性肺炎』
などを防ぐためにも、呼吸筋は鍛えておきます。
横隔膜が衰えると、間違ったところに入ってきた食べ物が、ゲホゲホっと出せない。
これは怖い。

呼吸ダイエット、免疫力、代謝、まとめ

現代に生きる我々は低酸素状態になりがち。低酸素は様々な病気の原因となったり、美容にも影響がでる。
呼吸筋を鍛えておけば、肺の病気や病後も色々安心。
そして、お肌のハリも良くなり、痩せやすくなる。

タンパク質、ビタミン、そして鉄もバランス良くしっかり食べましょう。

鍛えた呼吸筋で良い呼吸筋をすれば、免疫力もUP。
鍛え方は簡単!いつでもできる!

タイトルとURLをコピーしました