" /> 痛風にコーヒーは効果あり?コーヒーの飲み過ぎの影響は? | ねたとりどり

痛風にコーヒーは効果あり?コーヒーの飲み過ぎの影響は?

痛風
痛風コーヒー効果が有るかどうかなんて、以前は考えてもなかった。好きで飲んでるだけだった。
そんな好きだらか飲んでるモノで尿酸値が下がろうものなら世の痛風でコーヒー好きには朗報ですね!
巷からコーヒーが品薄になるぐらい、痛風にコーヒーが効果的なら良いのに。
けど、コーヒーの飲み過ぎ影響も気になる。
結論から言いますと「下がります」
と言いますか「下がりました」
日本医療機能評価機構が『痛風にコーヒーは効果あり』と発表しているようですし、何より私自身が実際に尿酸値が下がっています。
ただし、色々と注意点も有りまして、ただただコーヒーだけをガブ飲みすれば良いってもんでも有りません!

コーヒーを飲み過ぎると危険

コーヒーには結石の素材である『シュウ酸』が混ざっているので、尿管結石など、体に『石』が有る人は飲み過ぎないなどの注意が必要。
私はコーヒーがどうしても飲みたいので、他に結石の理由となるモノの中から『揚げ物』を控えています。
しかし!朗報です!!
コーヒーに、ある液体を混ぜるとシュウ酸が排泄されるのです!
その液体は特別なモノではなく、300円も出せば高級なモノが買えます。スーパーやコンビニで普通に買えます。

尿酸値を下げるためのコーヒーの飲み方と量

コーヒーに是非とも入れたい液体は『牛乳』です。
コーヒーと牛乳を一緒に飲むと、結石の原因の一つ『シュウ酸』が排泄されます。
『カフェオレ』を飲めば良いって事ですね!
どうしてもブラックが良いなら、直後にでも牛乳飲んどきましょう。
そして、牛乳に含まれるタンパク質『カゼイン』が尿酸の排泄も促します!
『痛風に牛乳は嘘かホントか!?本当だったら非常に助かります』
ヤッホーイ!カフェオレって無敵じゃん!!
あっ、当然『無糖』ですよ。砂糖入れたらダメです。砂糖は尿酸値を上げます。
そして、積極的に飲みたい牛乳ですが、飲み過ぎは良く有りません。筋肉や血液で使いきれなかったタンパク質は脂肪として溜め込まれます。太りますし、コレステロール値が上がる場合もあります。
一日の量の目安は200mlです。
なので、カフェオレにしてもこの牛乳の量に合わせたコーヒー量が一日の限界値って感じですかね。
コーヒーの利尿作用とカゼインで尿酸をたくさん排泄したいので『水』もたくさん飲みましょう。
尿の材料が無いと体の水分ばっかり出ていって、血液の中の尿酸が濃くなっちゃう。

コーヒーの効果

美肌作用が有るんですって!抗酸化作用でお馴染みのポリフェノールが赤ワインと同じぐらい有るんですって!
コーヒーは脳を覚醒させる働きをします。
カフェインには抗炎症作用が有るので、ガンやアルツハイマーの予防が期待できるんです。
カフェインを取った後に運動すると、脂肪燃焼効果がアップするんだそうな。
もう、コーヒーを飲まない理由が見当たらなくなってきました。

痛風にコーヒーのまとめ

コーヒー自体に飲まない理由が無いと思えるほどの嬉しい効果が有ります。

牛乳と一緒に飲むことで、結石の原因の一つ『シュウ酸』を排泄し、我々痛風者にとって一番嬉しい『尿酸排泄作用』が効果的になる。
これからは、そしていつまでも、コーヒー牛乳が僕らの味方!

タイトルとURLをコピーしました