" /> 痛風の人は筋トレやって良いのか悪いのか?筋トレやりたい! | ねたとりどり

痛風の人は筋トレやって良いのか悪いのか?筋トレやりたい!

痛風
筋トレすると尿酸値って上がるんですよねぇ……。
さて、痛風は贅沢病だなんて言う人、まだいますか?
筋トレは贅沢ですか?不摂生ですか?
痛風の原因の大半は『体質』だって何度も言わせて頂いています。
けれど、大半ってだけで、全てでは無いとも思うんですね。
やっぱり太ってると痛風のリスクは高くなるし、他の病気も気を付けたい。
少しフィットネスしましょうか。
本当に贅沢病として痛風になった人って、だいたいもっと先に別の問題が出てきている、もしくは間も無く出ると思います。
後、体質以外の原因が『運動性高尿酸血症』
まぁこれも、できてしまった尿酸を上手く出せてないって事で体質の括り(くくり)かも知れませんが、運動、特に筋トレ等の激しい競技は尿酸値が上がってしまうのです。
激しいトレーニングを必要とするアスリートの皆様の中で痛風発作経験者が少なくない数居るんですよ。

筋トレで尿酸値が上がる仕組み

食べ物や飲み物も原因の1つでは有るんですが、筋トレでも尿酸値って上がってしまう。
なぜか?
尿酸ができる主な原因が『細胞の破壊』
どういう事かと言いますと、人は普段から古い細胞と新しい細胞を取っ替え引っ替えしています。
その古い細胞が破壊される時、古い細胞の核から尿酸の材料『プリン体』が出てきます。
その、おいでなすったプリンちゃんが肝臓で尿酸に変わり、腎臓で尿として排泄されるはずなんです。
筋トレって、ザックリ言うと、
『トレーニングで筋肉壊して、壊れた筋肉を治す時に、もう壊れたくない!って前よりも大きく強く再生させる』
なのでここで1回、筋肉壊れてますね?
運動が激しければ激しい程、筋肉は多く壊れて、たくさんのプリンちゃんが、プリンプリンと出てくる。そのプリンの大群を肝臓でせっせと尿酸にして、尿酸を出すのが下手っピな痛風体質な我々は尿酸値が上がり、仕舞いには痛風発作を起こします。あぁ。
尿酸を出すのが上手くなりたい。
『尿酸値の下げ方おすすめ⑨選。尿酸値が下がった、体重が減った』

尿酸値が上がりにくい運動

それは、
『有酸素運動』
ヨガ、ストレッチ、散歩などなど。30分~60分ぐらいの軽い負荷の有る運動。
筋肉を壊しにくくて、ストレスも解消。
ボウリングなんておすすめですよ。
『ボウリングのダイエット効果や健康効果、楽しみかた』
⇒⇒⇒https://netatoridori.com/bowling-beauty-health

今は止めときましょうね!!落ち着いたらみんなで行きましょう。

痛風さんは筋トレして良いのか?

結論・持論は『やって良い』です。
尿酸値が上がってしまうもう1つの原因に、
『ストレス』
が有るのです。
適度な運動は、生活習慣病の予防にもなりますし、老後を考えても、適切に体を鍛えておいて損することなんて有りません。
私なんて筋トレの後は清々しさ(きよきよしい、でしたっけ?本田さんファンですよー!サッカー大好き!)を感じてスッキリします。スッキリってストレス解消ですよね?
マッサージなんかも良いですね。
『痛風患者におすすめしたいツボ自分で押せる9箇所』
ルックスの為にも健康の為にも、運動は必要と考えます。
筋トレで尿酸値が上がるったって、筋トレの恩恵は見逃せない。
『筋トレ無くしてダイエット無し!』
なんて格言も有ったり無かったりします。
まぁ、痩せるだけで良いなら食事制限のみでもいいですが、リバウンドしやすくなりますよ、そんなダイエット。筋肉も衰えて代謝が悪くなりますからねぇ。
鍛えた筋肉は嘘つかないし、役に立つ!

痛風の筋トレ、要するに

痛風には肥満が大敵です。よってからに、痩せやすくなる筋トレはした方がいい。生活習慣病の予防にもなります。
ゴリゴリのゴリさんになりたければ、止めませんが、ある程度御覚悟を。そして、お医者さんに相談を。
運動中の水分補給は忘れずに。痛風さんは普段から水分補給しっかりと。

タイトルとURLをコピーしました