" /> 羽村市動物公園は入場料が安い動物近い以外と遊べる。 | ねたとりどり

羽村市動物公園は入場料が安い動物近い以外と遊べる。

子連れ・赤ちゃん
ここまでキリンが近いのも珍しいのでは?
羽村市動物公園は、入園料大人300円。幼児0円。4歳~14歳は50円。ジィジとバァバは100円。
たたずむSLに乗り込めて、動物公園内の遊園地も思っていたより充実。売店のうどんが妙に旨い!小動物ともふれ合える。
餌やりツアーとかに参加すれば、結構一日遊べます。
森の中にある動物園。そんな感じの『羽村市動物公園』
えっ?キリンってこんなに近づいて良いものなの?
ヌゥン。
と、柵から乗り出してきた長~い首。バイキンマンみたいな角に、真ん丸い可愛らしい瞳。
近くで見るキリンは、美しかった。
サファリパーク以外でこんなにキリンに近づけるなんて。
いや、別に無類のキリン好きって訳ではないのですが、ちょっと驚きまして。
他の動物たちも、柵で囲われてる系の子達は皆近い。
この子なんて、こちらの姿を確認したら自らよってきた。呼んでもないのに。愛想が良いねぇ。
「おサルさんの壁掛け時計か何かかな?」
と思っていたら、元気にうごきました。おサルさんでした。
ミーアキャットはしばらく見てたけど、フラミンゴにはなりませんでした。
ペンギンはガラス越しだけど、目の前を泳いでいます。シュパッパッと泳ぎの速さに感心しましたねぇ。
ビルマニシキヘビは、金色です!アルビノと言う突然変異種ですが、神秘的ですねぇ。
動物公園終盤には『青空広場』があって、そこではモルモットやヒヨコと触れ合えます。
触れ合う前と後は、必ず手を洗いましょうね。ハンドソープと消毒液置いてあります。
本当に小さくって、軽くって、優しく優しく触ってあげましょう。
青空広場にはレッサーパンダが、のほほんとお腹掻いてたりします。かわいいです。

羽村市動物公園の環境

生い茂る草花や木々、竹なんかも近いし豊富。
動物公園入ってすぐや、公園内所々に手作り感溢れる、しかし完成度の高いオブジェが置いてあり、楽しませてくれます。
木陰が多いので、真夏のメチャメチャ暑い日とかは別として、案外屋外でも過ごしやすいです。
手を洗う水道も結構たくさんあるので、タオルを水で冷やして首とかに巻けば、熱中症対策にもなりそう。
動物クイズが色んなところにありまして、解いて行くと動物豆知識が得られます。

羽村市動物公園のトイレ

入り口すぐに、赤ちゃん休憩室や誰でもトイレがあります。
トイレは他にもありますし、結構盛りだくさんな羽村市動物公園ですが、敷地はそんなに広大ではありませんので、車イスの方や、赤ちゃんの授乳もそんなに焦る印象はないです。

羽村市動物公園の喫煙所

野外です。
木陰の中の木に囲まれた木のベンチで気分よく喫煙できそうですが、まわりに子供や妊婦さんがいたら遠慮しましょうね✨

羽村市動物公園の中の遊園地

順路を進んでいると急に、ライオンとかゾウとかトラとか恐竜が!
なんだ、作り物か。
そして回りを見渡すと、なぜか木々の間にSLが。このSL乗れます。当然動きませんが。
その奥の広場は遊園地が併設されています。
ここが以外と良かった!子供がはしゃげる、大人には懐かしい感じ。
大きな木の下のテーブルでのんびりピクニック。
遊び回る子供たちに目が届く位置にあります。
売店で、うどんとか売ってるんですが、妙に食いたくなる。
乗り物もやゲームも、なんだかそそる。財布の紐がユルくなる。
とは言え、うどん食べて遊具一回だけ乗って、ゲーム一回やって、全部で600円か700円。まぁ、せっかく遊びに来たんだし、たまには許せる額かなぁ。

羽村市動物公園アクセス

東京都羽村市羽4122
車ならカーナビで一発。
駐車場が、動物公園真正面に見て、真後ろが羽村駅な状態で、右行ってすぐに左。動物公園沿いに少し走ると駐車場があります。広いです。
この駐車場『キリン駐車場』っていいます。やっぱメインはキリンか!

駐輪場は動物公園の入り口の目の前に有りますので、自転車でこれる方はパパっと近所の公園感覚ですね。

JR青梅線、羽村駅東口から真っ直ぐで到着。歩いたら2、30分ぐらいかかるかなぁ。けど、ホント真っ直ぐだから迷いはしない。
はむらんと言うコミュニティーバスが走ってますが、直接行かずにぐるっと迂回しますので、時間もかかるし、本数も多い訳ではありませんので、歩いちゃってる人が多い印象。

羽村市動物公園まとめ

動物が近い!キリンなんて大型動物、手が届きそうで興奮するわ!
入園料もお高くない。
ご近所感覚で行けるけど、森の中の動物園は結構ワクワクできる。
中にある遊園地では、キャイキャイと子供はハシャげて、大人は子供に目が届き、木陰のテーブル席でのんびりできる。
小動物とのふれあいは、優しく優しくお願いします。
懐かしさと、のんびりと、お手軽さを兼ね備えたご近所の動物園。
チョイチョイ行っても良いかも。
タイトルとURLをコピーしました