" /> 都内のお出かけ自由研究にも使えるお薦めスポットの一つ「板橋区立熱帯環境植物館」 | ねたとりどり

都内のお出かけ自由研究にも使えるお薦めスポットの一つ「板橋区立熱帯環境植物館」

未分類
「今日どこ行こうか?」
「夏休みの自由研究どうしよう」
そんな時に、パッと行って、珍しい植物や展示が見れて、安く済んで、食事やお茶にも困らない。
展示が本当に丁寧で見学しやすい。
晴れでも雨でも関係ない。
『板橋区立熱帯環境植物館』
で遊んでみては?
新宿からなら、JR山手線、池袋方面に乗り巣鴨へ。
巣鴨から、都営三田線で最寄り駅、
『高島平』
東口改札を出てスグ左へ(北側)
階段降りたらスグ右へ。
そのまま線路沿いを歩き、十字路を左へ。
真っ直ぐ歩いて、
この交差点通りすぎて、
右の方に『高島平温水プール』見えたら到着。

車で来てもスグ目の前に駐車場有り。

熱帯環境植物館内

館内の写真は現在ありません。

(下画像は勝手な熱帯のイメージ)

というのもですね、板橋区立熱帯環境植物館の中で撮った写真を、広告が

使うには、事前に申請して、1時間1400円を支払い、撮影許可を得たものしか使えません。

私は写真撮った後、家帰ってから問い合わせたもんで。撮った写真は使えません。

近々ちゃんと申請してお金払って写真撮って来ます。

それまでは文字情報だけで申し訳ありません。

入り口入ったら左側に券売機があるので、入館チケットを買いましょう。
チケット買ったら、回れ右(左でも)
受付カウンターがあるので、係りの人にチケット渡して、半分は持っていかれて半券が返されます。
この後この半券を使う事は特にありません。
順路は地下から。
地下に降りるとミニ水族館。
なんか、タラバ蟹みたいなんがドーンといます。
結構珍しい水性生物がいる。エイとかいた。
ミニ水族館抜けると、いよいよ『温室』
ガラスの扉が開いているので、順路通りにドンドコ進みます。
ゆるい階段登ると、『⬅️順路』の立て札が、熱帯植物に埋もれるかのように立っています。
順路通りドンドコ進むと途中、ビルマムツアシガメの『ムッちゃん』に遭遇。
大きい声出すとビックリして頭引っ込めちゃうので、静かに見守りましょう。
温室も終盤。
突然分かれ道が来ました。
『ブリッジコース』
    or
『マレーハウスコース』
軽く悩んで、
ブリッジコースへ。
橋の上から温室を見渡す事ができました。
戻ってマレーハウスコースへ。
マレーハウスがあり、バナナの葉っぱの等身大がありました。
ブリッジからマレーへ戻るのに2分。
どちらに行っても引き返すのは簡単。
ブリッジ見てからマレーに切り返す方が時間的ロスは少ない。
ゴールは同じ所『喫茶クレア』
マレーハウスの目の前に『カカオ』発見!イボみたいに枝の途中からチョボンと生えていた。
喫茶クレアで一休みしますか。
クレアから温室が見下ろせます。
クレアから、渡り廊下みたいな通路通って、温室を出ると、売店が。
ポストカード、小物が買える。
ペットボトル飲料も売ってたな。

この売店で、ぬりえが貰える。

温室から出てきて左へ行くと
、期間で色々変わる特設展示コーナー。
この日は『トロピカルフルーツ展』
温室から出てきて右に行くと、図書コーナー。

図鑑や資料が見れる。

図鑑はなかなか面白かった。
図書コーナー抜けるとテーブルがいくつかあって、ここでさっき貰ったぬりえに色を塗る。
これで、館内一通り一周。

熱帯環境植物館での食事やおやつ

喫茶クレアでカレーやパンケーキなど、食事もできるし、アイスクリームやケーキ。
コーヒー、ジュースでお茶もできます。
値段もお手頃。
地下には『映像ホール』もあり、特に何も上映してない時は、休憩スペースとして解放。
お弁当食べたりできる。
持ち込んだお弁当や飲み物を飲食するスペースは他にもあちこちに、丸テーブルや長椅子などある。
喫茶クレアの近くにもある。自動販売機もある。
熱帯環境植物館の近くに、牛丼屋さんや蕎麦屋さん、トンカツ屋さんがあり、コンビニもある。

熱帯環境植物館その他

券売機裏にコインロッカーがあるので大きな荷物や、上着など預けると身軽に。
中、暑いのですよ、熱帯なので。
給水機が何ヵ所かあり、こまめに喉を潤せる。
近くには公園もある。

板橋区立熱帯環境植物館まとめ

熱帯というだけあって、真冬でも建物内は結構暑い!
脱いだり着たりしやすい服装で!
建物は地下と地上で3階建て。
そんなに広い訳ではないけど2階で、ぬりえができたり、図書スペースの図鑑などで、子供たちは結構な時間遊べる。
料金も安いし、大人が安心して子供を連れていける。
カップルでも、ちょっと立ち寄ってみると楽しい。
子供だけで来ても安心。
板橋区立熱帯環境植物館はかなりお薦め。

コメント

タイトルとURLをコピーしました