" /> 10月の杉並区のイベント【福祉会館まつり】 | ねたとりどり

10月の杉並区のイベント【福祉会館まつり】

未分類
10月になると、杉並区にある『障害者福祉会館』から盛大なドラムの音が聞こえてくる。
食欲をそそるカレーやヤキソバ、お好み焼きやクラムチャウダーの香りがしてくる。
フラッと寄ったらなかなか楽しかった【福祉会館まつり】
何でこのカレーが200円で食べれるのだろう?
何を考えていたのか、写真も撮らずに食べちゃった。
お祭りの模擬店と侮るなかれ、本格シェフが本格カレーとナンを振る舞ってくれます。
多分、利益は考えずに美味しいカレーを提供してくれています。
ソースの香りがたまらない、大きなお好み焼きも250円。
これ一枚でお腹足りちゃうかも知れないので、色々食べたい方はお友達やご家族とシェアしてください。お一人の方はガッツリいっちゃってください。
まつりの定番、ヤキソバ、250円。
何でこの味って家では出せないんでしょうかね?鉄板ですかね?
おはぎはデッカイ!ほんのり甘くて美味しい。
赤飯も、冷めているのに温かい味わい。
いなりとのり巻きセット。これはお土産にしました。
どれも安心感のあるお味。なんだかホッとする。
大きめの紙コップにたっぷり入れてくれます。クラムチャウダー。
粉チーズ、コショウ、クラッカーが用意されていて、お好きに乗っけたり、かけたりできます。200円。たっぷりでしたよ。
スープが2種類。
100円は安い。食事のバランスもまぁまぁ取れますね。
お茶を振る舞って貰えます。いつだって水分補給は大切。
焼き菓子やパンが売っていて、どれも食べたらホッコリする。
コーヒーや紅茶とクッキーのセット200円でお茶にしましょう。

福祉会館まつりの出し物

様々な会の方々が、日々の成果を発揮します。
物凄いものを見に来るのではなく、温かい気持ちになりに来てください。
中でも見学者も参加できる『ドラムサークル』は楽しかった!障碍をお持ちの方々が自由にタイコをたたきます。
そして観客にも色んな形のタンバリンみたいなものが配られます。
指揮者みたいな人が舞台と観客の間に立ち、少しだけ指示をするのですが、基本的にはみんなでたっぷり40分ほど自由に『リズムを共有』します。
リズム運動は、脳にも良い効果があるのだそうな。セロトニンが出るとか、NK細胞が活性化するとか。

福祉会館まつりの展示品

展示品も驚くものが多かった。何だか障碍をお持ちの方って、芸術に長けている人が多いような気がする。
陶芸品は、高額な値段が付いていても納得してしまいそうなものが並ぶ。いや、実際は非売品ですよ、発表なので。

福祉会館まつりの行き方

JR中央線、荻窪駅からバスで『柳窪』って所で降りてください。そこから2分です。降車バス停のすぐ近くに井の頭通りが有ります。それ沿いです。

福祉会館まつりのまとめ

大学生が明るくゲームコーナーをボランティアでやっていたり、手作りなんだけど、経験が豊富な方々がやっているので、食べ物が本当に旨い。
10月になったら杉並区のイベントスケジュール見てみてください【福祉会館まつり】はちょっと立ち寄る価値ありです。
タイトルとURLをコピーしました