" /> ZEN Campsウッドストーブの使い方や特徴。ソロキャンプの魅力とは? | ねたとりどり

ZEN Campsウッドストーブの使い方や特徴。ソロキャンプの魅力とは?

ソロキャンプには欠かせない、軽量(202g)・折りたたみ式の【ZEN Campsウッドストーブ

パパっと簡単に組み立てることができ、組み立てたら松ぼっくりや小枝を燃やすだけ。

もちろん着火剤でもあれば、あっという間に暖もとれますし、お湯も沸かせます。

五徳が付いているので、フライパンを使って料理をしたり、お鍋なんかも余裕でできます。

ですので、ソロキャンプなどのアウトドアだけではなく、防災グッズとしても有ると安心な【ZEN Campsウッドストーブ】の詳しい使い方特徴、そしてソロキャンプの魅力をお伝えします。

やっぱり、ソロキャンプの魅力は、1人で気兼ねなく行え、誰にも邪魔されない自由な時間を自然の中で過ごす事。

もちろん他にも楽しみ方は色々あるのですが、ソロキャンプをするにあたって用意しなくてはいけないアイテムは多数あります。

その中でも【ZEN Campsウッドストーブ】はソロキャンプをする上で必要不可欠なアイテムとしておすすめです。

ソロキャンプは気楽に楽しめますが、荷物を持つのもソロです。

そこでやはり、

・組み立て式(なれれば1分程度で組み立てられます)

・軽量(202g)

・コンパクト(収納サイズは15.5×17cmで、厚みはスマホ程度

・チタン製で丈夫(使い込むほどにアジが出る)

・燃焼効率抜群(煙突効果)

・小枝などで燃料はOK(現地調達)

こんな【ZEN Campsウッドストーブ】はソロキャンプに欠かせない、1度使ったらやめられない、最高のギアの1つとなるでしょう。

そんな【ZEN Campsウッドストーブ】の詳細やお得情報は、この下のリンクから公式サイトをご確認ください。

↓ ↓ ↓

洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】

スポンサーリンク

ZEN Campsウッドストーブの組み立て方・使い方

ZEN Campsウッドストーブを組み立てる際のパーツは、4枚の側板1枚の底板そして五徳になる2枚のプレートで全7つのパーツで形成されています。

そして、ZEN Campsウッドストーブの組み立ての手順は3つです。

① 側板の4枚中の3枚を使い枠を作り正面に来る口の空いたプレートを仮組みします。

そして突起が3つ着いた底板を設置します。

この時正面に来る口の空いたプレート側には突起は必要無いので、突起がない面と口の空いたプレートを合わせるように設置していきます。

② 中に底板が設置出来ましたら、正面の口の空いたプレートを上に少しスライドして完全に組み立てます。

その後大元がしっかり組み立てられて安定したのを確認。

③ 五徳のプレートを十字になるように上に設置して完成。

以上がZEN Campsウッドストーブの組み立て方になります。

他のウッドストーブと比べても、とても簡単に組み立てる事が出来ますので、初心者のソロキャンパーでも手軽に使用する事が出来ます。

何より、ソロキャンプはソロと言うだけあって、全部1人でやりますので、如何に手間がかからず簡単に楽に使用出来るかがソロキャンプのギアの肝になります。

組み立てたらこのZEN Campsウッドストーブに火をつけていきましょう。

サバイバルでは無いので普通に着火剤とライターを使って火をつけていきます。

もしここで着火剤なんて使いたくないと思っている方がいれば、新聞紙や松ぼっくりのような自然の素材で代用する事も出来ます。

自然を楽しみたい方は、新聞紙よりも自然の着火剤として有名な『松ぼっくり』を使用する事をオススメします。

新聞紙もそんなに重くはないし、大げさな荷物にもならないので、あると便利ですが、新聞紙を優先して着火剤として使用する場合には注意点が一つあります。

着火剤を新聞紙で代用をすると『灰がかなり飛びやすい』ので、混んでいるキャンプ場や、そもそも灰は嫌な方にはオススメできません。

そして、火をつけるための道具ですが、段々とソロキャンプに慣れてきたらライター等では無く、ファイヤースターター(火打ち石)を使うと、より自力感が増して、ワクワクするソロキャンプになります。

もちろん、火を消して帰宅するのですが、この時注意して欲しい点が4点あります。

・炭になっていたとしても燃えている可能性アリ

・他のゴミと混ぜない

・消えていたとしても直接炭に触れない

・水をかけない

上からの3点に関しては火災や火傷の原因になると誰もがわかる内容かと思いますが、最後4番目に関しては、完全に消すためには水をかけた方がいいと思う方が多々いらっしゃるかと思います。

しかしこれはかなり危険な行為です。

何故なら、水をかけてしまうと辺りが水浸しになりススだらけになってしまうので、キャンプ場の清掃が面倒になってしまいます。

ソロで気楽に楽しみに来たのに、最後面倒くさいのは、気分が下がります。

そういうのが許される場所なら、水をかけてそのまま帰宅する事もあるかもしれませんが、稀に炭の表面だけに水がかかっている状態だと、炭の中にまだ火が燻っている状態の時があります。

そうなると、そのまま鎮火してくれれば問題は無いのですが、もしかしたらそのまま再発火してしまう可能性もあります。

なので水をかけるよりも、炭を水に漬けるもしくは火消し壺の使用を推奨します。

炭を持ち帰る専用の袋もZEN Campsにはあります。

安全にソロキャンプを楽しむ為にも細心の注意と、キャンプ場でなくても基本的なルールを守って楽しみましょう。

そういった意味でもZEN Campsウッドストーブは、本当に便利で、有ると安心ですよ。

ZEN Campsウッドストーブの特徴

このZEN Campsのウッドストーブというギアの特徴としまして、

・小さな枝や薪を燃料にする小型ストーブ

・コンパクトで軽く、ソロキャンプにはもってこいアイテム

・簡単な組み立てが可能性

・暖をとるのはもちろん、フライパンや鍋を使って調理もできる

という4点が特徴として上げられます。

これはもう、ソロキャンプと言ったらZEN Campsウッドストーブです。

大自然の中でも暖を取ることが可能で、調理する時にも必要になる便利なアイテムです。

数多くあるウッドストーブの中でも、なぜZEN Campsウッドストーブをご紹介しているのか。

説明する筆が止まりません。

それほどZEN Campsウッドストーブは優れています。

このZEN Campsウッドストーブは2020年に出来たばかりの新しい日本のメーカー『ZEN Camps』から発売されている、チタン製の四角いウッドストーブです。

チタン製という事もあり、値段も気になるところですが、公式サイトからのお値段は4,099円(税込)で購入する事が出来ます。

これが最安値ですし、公式サイトからライン登録すれば、クーポンも手に入りますし、公式サイトは送料無料です。

そして、チタン製という事にも関わらず、これだけお値段がリーズナブルだと大きさが他より小さすぎるのでは?と心配になるかもしれません。

ですがZEN Campsウッドストーブの組み立てた時の大きさは、13.7×13.7×高さ16cmと標準の大きさですのでご安心下さい。

煙突効果で燃焼効率も抜群ですので、近くにいると暑いぐらいです。

当然このZEN Campsウッドストーブは調理に関してもきちんと対応しておりますのでフライパンやヤカン、飯盒などもしっかり安定して置くことができます。

構造も、折り畳み式では無く組み立て式を採用していますので、収納サイズは15.5×17cmで、厚みはスマホ程度とよりコンパクトに持ち運ぶことが出来ます。

分解すれば、ちょっと大きめのポケットにでも入るようなサイズ。

重さも約200g程度とかなり軽い作りになっています。

1人で作業をしたり組み立てたりしなくてはいけないソロキャンプにはもってこいのウッドストーブです。

時々、キャンプじゃなくても、小枝を集めて火を起こして、コーヒーを入れたり、フライパンでお肉焼いたりするのも楽しいです。

ソロキャンプの魅力

色々お話しましたが、ソロキャンプの魅力と言ったら「1人で気兼ねなく行える」というのが最大の魅力ではないでしょうか。

ソロキャンプとはソロという通り、単体で行うキャンプの事を指しています。

ソロキャンプと聞くと、最近発祥したキャンプなのかなと思う方も多々いるようなのですが、なんとソロキャンプは何世紀も前から行われていた娯楽の1つなのです。

そんなソロキャンプ、仕方にも沢山の種類がありまして、大自然の山の中やソロキャンプ専用のキャンプ場、通常のキャンプ場など沢山の中から場所を選びます。

その後現地まで車で行くのか自転車で行くのか歩きで行くのかと交通手段の選択、そしてテントなのか、車中泊なのか、タープを使うのか、それとも泊まらず日帰りなのか。

なんでもいいんです、自分だけなのだから。

そして大勢で行うキャンプとは違い、キャンプについての全てを自分自身1人で考えて行うので気楽に行えます。

なので、面倒な火起こしも、ZEN Campsウッドストーブを使ってパッっと楽しんでしまいましょう。

以上の事からソロキャンプの魅力は

・1人なので気楽に行える

・1人分の用意で良い

・純粋に自分と向き合うことが出来る

以上の3つではないでしょうか。

中でもソロキャンプの最大の魅力と言えば「1人なので気楽に行える」という事です。

1人の時間をじっくりのんびり楽しむ事ができ、誰かを考慮する必要が全く無いので自由度で言えばこの上ないです。

そしてソロキャンプの醍醐味と言えば、広大な大自然の中でウッドストーブを使用し沸かしたお湯で飲むコーヒーやお茶などです。

雰囲気がね、もうたまらんのです。

以上の事から、今回お話ししましたZEN Campsウッドストーブのご使用を強くオススメしています。

ZEN Campsウッドストーブまとめ

いかがでしょうか?

1人で行うので不安と思っている人もいらっしゃるかと思いますが、ソロキャンプ専用のキャンプ場もあり、そのような場所では道具を一式貸出ししていたりする所もあるので、本当に初めてソロキャンプを考えている方でも難易度はかなり低くなっています。

そしてソロキャンプは1人の時間を簡単に作り出す事が可能です。

会社や家庭、あなたの普段の時間以外の時を堪能できます。

今ストレス社会と呼ばれる現代ですが、たまには色んなことを忘れて、無心になり自分と向き合ったりするのも良いかもしれません。

それこそ自分と自然の一対一の空間になりますので、かなり落ち着いた空間でリラックス効果も期待できます。

そこに、揺らめく炎は、時間そのものを忘れさせます。

準備に時間はかけてられない、いや、準備することも自分の時間か。
軽量コンパクト丈夫薪は現地の小枝、そして高い燃焼効率で素晴らしい炎を演出

そんなZEN Campsウッドストーブは割引クーポンがあるので公式サイトが最安値です。

ZEN Campsの公式サイトは、この下のリンクからご確認ください。

↓ ↓ ↓
洗練されたソロキャンパー向けギアブランド【ZEN Camps】

タイトルとURLをコピーしました