" /> シャトレーゼの糖質オフチョコレートの賞味期限。糖質とカロリーやおすすめの食べ方 | ねたとりどり

シャトレーゼの糖質オフチョコレートの賞味期限。糖質とカロリーやおすすめの食べ方

グルメ
シャトレーゼ糖質オフチョコレート【糖質88%カットのとろけるショコラ】の賞味期限は、店頭で購入してから約3ヵ月は持ちます。

気になる値段カロリー糖質は、
値段、594円(税込)
カロリー、330kcal(1箱25粒で)
・人工甘味料を除いた糖質、5.1g

となっていまして、チョコレートとしては、かなり低い糖質となっていて、カロリーに関しても、一般的なチョコレートよりも、低くなっています。
味の方は、たまげます。糖質カットしてこの美味しさは、世界に誇れるんじゃないかと思ってます。

そこで、今回の記事ではその辺もふまえて掘り下げて行きます!

因みに、他にも糖質オフスイーツ糖質オフパン等が気になる方は、下のバナーをクリックして、こちらもチェックしてみてください!
↓ ↓ ↓
美味しさと素材にこだわった低糖質パンとスイーツの専門店「フスボン」

スポンサーリンク

シャトレーゼの糖質オフチョコレートの賞味期限と保存方法

糖質88%カットのとろけるショコラ】の賞味期限は、お店で購入してから約3ヵ月は保ちます。
今回のこのシャトレーゼ糖質オフチョコレートは5月5日、近くのシャトレーゼに買いに行ったモノです。そして賞味期限がこれです。

7月31日と表示されているので、店頭に並びたての糖質オフチョコなら3ヵ月は保ちますね。
冷凍保存ですし。

しかし、これは『一回も解凍せず、冷凍状態をキープした場合賞味期限です。
一度解凍したモノは3、4日中に食べるのが基本です。
ですので買った後、しばらく持ち歩いたり、車の中に置いておいたりする場合には、ドライアイスを付けておく事をおすすめします。
シャトレーゼには有料(35円)でドライアイスが売ってます。

持ち帰りの時間が30分程度なら、保冷剤を付けて貰って、家に着いたらすぐに冷凍庫に入れれば問題ないです。

シャトレーゼの糖質オフチョコレートの糖質とカロリー

カロリーは、330kcal(1箱25粒で)
・人工甘味料を除いた糖質、5.1g

と、糖質はかなりカットされていますが、カロリーは思っていたより少なく無いですね。
糖質オフ』ですからね、焦点は。
それに、甘い甘いチョコレートなのに、糖質をここまでカットしていてこの美味しさなのだから、脂質はある程度ある方が濃厚さが保てる。
シャトレーゼ糖質オフチョコレートは、しっかり濃厚な味わいも感じられます。

シャトレーゼの糖質オフチョコレートおすすめの食べ方と食べた感想

基本的な食べ方は、冷蔵庫で5時間ほど解凍して、そのまま食べます。
口の中でとろけますよ。
生チョコ風とありますが、食べた感じ生チョコとほとんど違いは有りませんね

もちろん常温でも解凍はできますが、常温で長時間放っておくと、溶けすぎます。
以外と早く溶けすぎますよ

おすすめの食べ方は、『溶けきらず、少し硬い状態のうちに口の中に放り込む』です。
解凍~溶解までが、一気に口の中で起こり、色々な味わいと食感が楽しめます。冷たくて爽やかな口当たりが、みるみる温かくなってきて、濃厚な甘味と共に舌にネットリ絡み付いて、口一杯に広がった生チョコ(風味)が徐々に引いていきます。

シャトレーゼの糖質オフチョコレート、賞味期限、糖質、カロリー、おすすめの食べ方まとめ

今回、店頭に置いてあった糖質オフチョコレートは、一度も解凍せず冷凍保存で約3ヵ月もちます。
(モノによっては2ヵ月半)

かなりシャトレーゼには通うのですが、そんなに極端に賞味期限が短い糖質オフチョコレートが置いてあるとこは見たことが無いです。

カロリーは、330kcal(1箱25粒で)
・人工甘味料を除いた糖質、5.1g

となっています。
糖質は低いですが、脂質とカロリーは一般的なチョコレートに比べると低いですが、まぁまぁ有ります。

基本的には冷蔵庫で5時間ほど解凍して食べます。
常温だと季節によっては、ビックリするぐらい早く溶けます。

少々解凍しきれていない状態を口に放り込むのが、おすすめ。
解凍~溶解、スッキリした甘さ~濃厚な甘さのへ、と色んな感覚が味わえますよ。

因みに、糖質オフスイーツ糖質オフパンなどにご興味が有るなら、こちらもおすすめ。下のバナーをクリックしてチェックしてみてください!
↓ ↓ ↓

美味しさと素材にこだわった低糖質パンとスイーツの専門店「フスボン」

タイトルとURLをコピーしました