" /> あきる野市の運転免許更新手続きの場所。おすすめの時間帯やかかる時間、費用 | ねたとりどり

あきる野市の運転免許更新手続きの場所。おすすめの時間帯やかかる時間、費用

あきる野・檜原・日の出
あきる野市に住んでいて、転免許更新ハガキが届き、更新期間になったら、行くところは『府中運転免許試験場』です。
優良ドライバー(ゴールド免許)の方は、青梅や高尾の警察署でもできます。
府中運転免許試験場での更新で、午後から予定を入れたければ、朝イチで行って手続きを済ませ、講習を受ける必要が有ります。
私は10:00に到着して、視力検査・写真撮影など、各種手続きを済ませ、1時間の講習を受けてすべて済んだのは13:00でした。
1時間の講習を受ける必要があることは事前にわかっていたのですが、午前中には済むだろうと思っていたら大間違いでした。午後イチから予定を入れていたらアウトでしたね。
スポンサーリンク

府中運転免許試験場アクセス

府中市多磨町3-1-1
最寄り駅は【武蔵小金井駅】の南口です。そこからバスで10分ぐらいなのですが、歩けない距離でも無いです。
JR三鷹駅南口
京王線調布駅北口
京王線多磨霊園駅
から、バスが出ています。

府中運転免許試験場の駐車場

かなりの台数が停められるように、広い駐車場を隣接させていますが、10時過ぎたら『駐車待ち』になってしまうことも珍しくありません。
時間的に余裕があるのなら、カーナビでテレビでも見てりゃ良いのでしょうが、そんな時間使ってられない。
試験場から少し離れたコインパーキングに停めるはめになりますから、朝一番で乗り込みましょう。
車やバイクであきる野市からなら、7:30には出発するぐらいの意気込みでないと、運転免許の更新は午前中には終わらないかもしれません。

運転免許更新の手続き

まず、正面から入って受付を済ませると、次は手数料を払う窓口へ行きます。
1時間講習で3,500円ぐらい手数料がかかります(すみません。はっきり覚えて無いですが、これぐらいでした)
「次は視力、後ろの線に沿って歩いて、⚪番窓口へ」
てな感じで、各工程で次にやることと行く場所を教えてくれますので、ベルトコンベアーに乗せられた工業製品のように、それにしたがって流れ作業をこなして(こなされて)行きます。

ペナルティー講習

これが一番の目玉です。
優良の人でも30分受けます。
私は軽微な違反1回(一方通行逆走)の準優良でしたので、1時間講習。
3点以上の違反をした人と、初めての運転免許更新の人は2時間受けることになります。
手続きと合わせて2時間で運転免許更新は済むかと思っていた私の盲点は、
『講習の待ち時間』
でした。
タイミングによっては、
『始まったばかりだか次の講習ですね。1時間後にまたここに来てください』
となります。
ちょうど良いタイミングで講習を済ませたいなら、やはり朝一から手続きをして、少し待つぐらいじゃないと、時間的にはギリギリ間に合っても、定員オーバーで次回、なんて事も無いことも無いですよ。話聞いたら、
『良くあることだよ』
と、講習受付のおじさん(警察官)が教えてくれました。

あきる野市の運転免許更新手続きの場所や時間まとめ

あきる野市在住で、運転免許更新手続きをするなら、行く場所は【府中運転免許試験場】が一番近いです。
午後に予定を入れたけりゃ、あきる野市からなら家を7:00位には出ましょう。
府中運転免許試験場は8:30からやってます。
駐車場も混みます。
講習の時間は、かなり余裕を持って受け付けを済ませないと、次の回に回されたら、ムダに1時間とか待つはめになります。
試験場に10:00到着なら、1時間講習(1点違反)で帰りは13:00になると覚悟しましょう。
タイトルとURLをコピーしました